男性の更年期障害

男性の更年期障害とは?セルフチェック表付き

男の更年期

男性にも更年期があり、女性と同じように体が変化して更年期障害がおきます。

男性の更年期障害とは?

男性も更年期には男性ホルモンの分泌が低下しそれに伴って不快症状が 出現することがあります。

女性の場合は 50歳前後の10年間で女性ホルモンが急激に低下します。
一方、男性は40歳頃から男性ホルモンの量が少しずつ低下していき、「性機能の低下」などの変化もゆるやかに起こるので、女性に比べると症状がひどくはなりにくく、変化にも気づきにくいのが特徴です。

男性の更年期障害 セルフチェック

次の項目でセルフチェックしてみましょう。

1 元気がなくなってきたように感じる
2 体力もしくは持続力が低下した
3 身長が低くなった
4 毎日の楽しみが減ったように感じる
5 もの悲しい気分だ または怒りっぽい
6 性欲が低下した
7 勃起力が弱くなった
8 最近、運動能力が低下したように感じる
9 夕食後にうたた寝をすることがある
10 最近仕事がうまくいかない 仕事の能力が低下したように感じる

(1) 7と8の項目に該当する場合、または
(2) 3つ以上の項目に該当する場合は、
更年期障害の疑いがあるので<医療機関の受診>をお勧めします。

男性の更年期障害の主な症状

男性は女性に比べてスピードは緩慢ですが、やはり加齢とともに男性ホルモンが低下し、それによって体の症状、心の症状、性機能の症状が出現することがあります。
それを男性更年期症状(男性更年期障害)と言います。

体の症状

体の症状

・筋力低下
・関節痛
・筋肉痛
・異常発汗
・ほてり
・疲労感
・頭痛
・めまい
・耳鳴り
・肥満
・頻尿(夜間だけでなく日中も)

異常発汗ほてりなど女性の更年期障害と似た症状もあります。

心の症状

心の症状

・健康感の減少
・興味や意欲の喪失
・不眠
・イライラ
・不安
・うつ症状
・集中力の低下
・記憶力の低下

心の症状は、人によって次のような様々な症状が起きます。
「夕方になると寂しくてたまらない」「不安が押し寄せてくるようだ」「なんとなく物悲しい気分が続く」などと表現する人ももいます。

性機能の症状

性機能の症状

・勃起力の低下
・性欲の低下

全般的に意欲を喪失している人の場合は、変化に気づかないこともあります。

男性が更年期障害になる年齢は?

男性は40歳頃からテストステロンの量が少しずつ低下していき、「性機能の低下」などは、ゆるやかに起こるので、女性に比べると症状がひどくはなりにくいものです。

女性の更年期には「閉経」というハッキリとした区切りがあり、年齢も45歳から55歳の10年間に、ほぼ限られています。

一方、男性の更年期の年齢は40歳から65歳くらいまでと言われ、その年齢の幅が女性の2倍以上も広いのが特徴です。

男性の性機能が終わる年齢は?

男性の「生殖機能が終わる年齢」も個人差が大きいのが特徴です。

更年期障害についても、40代半ばで更年期障害の症状に悩む人もいれば、70代となっても全く症状が無く、子供を作る人もいます。

これは男性ホルモンの量が緩やかに、むしろダラダラと減少するためで、男性の更年期障害は女性のように強い症状となって現れることは少ないのです。